スタッフ紹介

橋本

ジュニアケアリスト

橋本 / Hashimoto

悔いのない、出来る限りのお手伝い

私は明倫社ジュニアケアリストとして、グリーフケアのようにお客さまの悲しみなどの気持ちに寄り添うことを仕事にさせていただいています。
明倫社に入るまでは、元々葬儀にはあまり馴染みがありませんでした。 仕事内容自体にはあまりイメージが湧いてなかったのですが、初めて社長とお話した時から、考え方にすごく共感したことを今でも覚えています。
「お客さまの豊かなお別れのお手伝いをしながら、女性が一人で働いていける環境を作りたい」
そんな思いとお人柄を持っている社長がいるからこその、良い社風があることをすぐに実感できました。 「この人の下で仕事に打ち込んでいきたい」と感じ、明倫社への入社を決めました。
ケアリストの配置は、明倫社で初めての取り組み。私自身が新しいモデルを作っていかないといけないことをもあり、日々迷いや不安が生じることがあります。 どうしようと思った時に、いつも相談がてら話を聞いてくれるのが社長。
女性社員が多くないからこそ、誰よりも私の身体的な体調に気をかけてくださります。 「このままで大丈夫」といつも言葉をかけてくれることが、私の励みになっています。
以前あるご葬儀を担当した時に、ご当家さまのお名前を間違えてしまったことがありました。 丁寧に関わることを心がけていた中での、唯一のミス。お名前を呼び間違えられて、ショックだったと言われてしまいました。
その後も継続して関わる機会をいただいてリカバリーし、ご満足いただいて事なきを得ました。 いくら私たちが忙しかったとしても、ご当家さまにとっては1ミリも関係がありません。 一瞬の気の緩みから出たミスでしたので、改めて気を引き締めて、誠実にお客さまと関わらせていただこうと思えるきっかけになりました。
お客さまとどのような距離感でいることが最適なのか、常に心掛けるようにしています。 積極的にお話を交わす方が安心される方もいれば、入りすぎずに一定の距離を持つことを望まれるお客さまもいる。 何かのきっかけで、急激に距離が縮まることだってあります。
何が正解なのか、何が我々にできるのかは分からない時もあります。同じ葬儀は一つとしてないからこそ、出来る限りのことをお客さまにして差し上げたいという思いを持って、 後悔の残らないように接客をさせていただいています。
ご出棺を無事に終えて、すっきりされた表情でお客さまから感謝の言葉をいただけることに、何よりのやりがいを感じます。同じような気持ちを分かち合えたことに胸がいっぱいになり、人の役に立てる仕事につけて良かったと思える瞬間です。
目の前にいるご当家さまを想い、悔いの残らないご葬儀のお手伝いをこれからもできますよう頑張って参ります。

他のスタッフを見る

山口
葬祭コーディネータ 山口 / Yamaguchi
岡本
葬祭コーディネータ 岡本 / Okamoto
山中
副マネジャー/葬祭プロデューサー 山中 / Yamanaka
橋本
統括マネジャー 森田 / Morita
情野
ジュニアコーディネータ 情野 / Seino
伊藤
葬祭シニアコーディネータ 伊藤 / Ito

大切な方のお別れ

事前相談

オプション

葬儀のことを相談する相手は、家族、兄弟、友人、職場の同僚など様々ですが、その場で葬儀の費用、場所、葬儀の流れなどを解決してくれるのは葬儀のプロである「葬儀会社」です。
ぜひ私たち明倫社にご相談ください。

こんなありませんか?

  • このプランには
    何が含まれているの?

  • 家族葬ってどこまで
    人を呼ぶの?

  • 家族葬と一日葬って
    何が違うの?

あらゆる疑問に丁寧にお応えします。

  • お急ぎの方はこちら 0120-14-1059
  • 無料資料請求はこちら
PAGE TOP